現状のタクシーサービスと今後のタクシーサービスの違い

顧客満足度の向上

どんなサービス業にとっても、品質の均一化と顧客満足度の向上は永遠のテーマだ。
平均的な合格点をもらうことが出来ても100%のお客様から満点をもらうのは到底無理な話。なぜかと言えば、お客様一人一人がいろいろな考えを持ち、年齢・立場・経験が違う人間の心を持っていて望むサービスが異なるからだ。

日本だからこそ

そこで外食チェーン店では接客マニュアルがあり、誰にでも同じ言葉で接しサービスの均一化を計っているようだが、馴染めない人も少なくないだろう。飲食・販売店では、メインとなる飲食に満足すればサービスは二の次と許すケースもあるが、人によってはどんなに美味しくてもサービスが悪いと許せないと言う人もいる。世の中、お金を支払うからという本質で考えた時、ただ目的達成だけで支払う人が居なくなっている、というか目的達成だけではないのだ。
サービスが付加価値であるという考えをすれば、外国のようにチップが生まれるが日本の風土は、付加価値を織り込んだ商品提供が日本の文化だと言うことを理解しなければいけない。

誰でも出来るという概念は、今では通用しない

本題であるタクシーという移動手段に於いて、今までの移動させるだけで運転さえ出来れば誰でも出来るという概念は今では通用しないと共に、日本の文化に適さないと言える。お客様がタクシー利用する目的では、道が解らないから・急ぐから・体が不自由だから・天候が悪いからなど、色々なケースでタクシーを利用する場合、単一的なサービスマニュアルどおりには進まない。

タクシードライバーは、街の保安要員である

タクシードライバーの一人一人が街中を知り尽くし、安全運転の出来る秘書のような役割が求められている。これってすごく特殊な仕事なのである。さらに街中で事件が起きた時には、タクシードライバーの目撃証言を真っ先に求められる保安要員というSPのような一面も持っている。

これからのタクシードライバーは

このように他に類を見ないサービスを提供するタクシードライバーは、安全運転技術は基より、渋滞情報・天候事情・地域の地理・地域の情報・保安などを習得し「笑顔と優しさ」を手を上げたお客様に提供し、どのようにして訓練してサービスの均一化を図るかが問われている現状である。

世界のタクシーサービスNo.1は、日本の タクシーサービス

多くのタクシー企業は、この接客サービス強化訓練の実施を考えているが、企業風土・地域風土により、またタクシー乗務員不足により思うような進捗に なっていない現状に思う。数あるタクシー会社で、全国では1万5千社の法人があり今後、外国人観光客が2020年には2000万人を目標として迎えようとして いる中で、生き残った会社が世界のタクシーサービスNo.1 で日本のタクシーサービスが世界一だということが知れ渡るだろう。

求職者向け

転職相談(無料)

まずは転職のご相談をお申込みください。担当相談員があなたに合ったタクシー転職先をご提案致します。

初めての方へ

当サイトでできることを説明致します。

企業様向け

求人掲載

求人情報を掲載されたいタクシー企業様はこちらよりお申込みになれます。

初めての企業様へ

当サイトで掲載するメリットを説明致します。

転職宣言の活動内容を発信!
Facebookもチェック!
転職お祝い金 最大10万円プレゼント!
おすすめ求人情報
阪急タクシー株式会社

阪急タクシー株式会社

専用のりば多数★阪急ブランド★入社・精励お祝い金あります!

大阪第一交通(株)りんくう営業所

大阪第一交通(株)りんくう営業所

日本最多車両数のネットーワークで売上も安定!!

すばる交通(株)第二営業所

すばる交通(株)第二営業所

社員のつながりを極めた会社!社員の仲が東京No.1!待遇もトップクラス!